かかとの靴ずれトラブル

お問い合わせはこちら

ブログ

かかとの靴ずれトラブル

2019/11/06

今日のお題は「靴ずれ」

多くの女性が1度は経験済み。オーマイゴッ(;'∀')ですよね。

 

新しい靴をおろした時に、かかとが痛くなり、「あーーー、やばいなぁ」と

いやーな予感がした時は、だいたい水膨れをしてずるんと皮がむけて

靴ずれをしてしまってますよね。

 

そうなったが最後、もう、どうしたって傷が痛くて

テンションは下がり笑えないーー(-_-;)楽しくない!!!

 

ストップ ザ くーつーずーれー

 

ですです。

 

そもそも、靴ずれと一言でいっても色々なパターンがあるので

シリーズ化をしてお伝えしていきますね。

 

一番多いのが、

新しい靴で革がまだ馴染んでおらず、硬い革に柔らかいかかとのお肉が擦れて

やけど状態になり、靴ずれするパターンです。

 

毎回どの靴でも最初は靴ずれをしてしまう

という方は、なじむまでは予防で足のかかとにパッドを貼りましょう。

 

普通の絆創膏ではすぐにはがれてしまうので、ドラッグストアで

「かかと靴ずれ防止用」のパッドを探して貼りましょう。

 

靴のかかとに貼る場合は、あまり厚みのないもの

かかとを滑らさない素材がお勧めです。

 

全員の方が合うかどうかはわかりませんが

コロンブス社の「靴ぬげ防止パッド」は

 

素材がコーデュロイタイプで摩擦を防ぎながら

密着観も損なわれないので、使いやすい人が

多いです(リ・ソール調べ)

 

当サロンのイベント

「100均パーツも活用 市販インソール調整セミナー」

では、色々なタイプのパッドをお試しで靴のかかとに

貼って歩いて確認できます ^^

<開催日>2019年11月19日㈫

     13時~15時

<場所>西梅田ブリーゼブリーゼ店

詳細 お申込みは こちらから