どんな靴を選び、どんな自分をデザインしたいのか

お問い合わせはこちら

ブログ

どんな靴を選び、どんな自分をデザインしたいのか

2020/01/16

どんな靴を選び、どんな自分をデザインしたいのか

こんにちわ ^^

沖縄旅行から帰宅し、大阪のさぶさ(関西弁?)が身に染みる久美さんです( ;∀;)

 

たくさんの女性の靴の選び方をお伝えしてきて、また、靴同行ショッピングでご一緒して、非常に感じる 靴選びとマインドの関係。

 

どんな靴を選び、どんな自分をデザインしたいのか

 

足の変形や痛みで、すっかりとキレイ系な靴を諦めて、おばちゃんっポイ靴でいいのーって方もいれば、

 

とにかく、ヒールが華奢で美しい色の靴しか嫌なの!!という、こだわりの強い方もいらっしゃいます。

 

靴が変わると、着る服も変わり、、ということは外見が変わるので、きっと中身も変わります。

 

靴選び」は、その方の人生に大きく影響します

 

靴に関する著名人の言葉を引用すると

 

“美しさを最高の高みに引き上げるためにも、女性の靴にはとても高いヒールとプラットフォームは欠かせないのよ。”

– ヴィヴィアン・ウエストウッド (Vivienne Westwood 創業者/ファッションデザイナー)

ここまで、靴に対してストイックにはなれないのですが

 

“足に合った靴を履いている足は年をとらない。足は若さと美しさを保つ”

– サルヴァトーレ・フェラガモ (Salvatore Ferragamo 創業者/ファッションデザイナー)

これは、とても納得!!

足に合わない靴は、どれほど美しい靴でも老けさせます。

何故かというと、合わない靴で美しく歩くのは、とても高度な技なのです。

レッドカーペットを歩くようなモデルさんなら、その技を身に着ける必要がありますが、

 

私たちのような一般ピーポーは、無理です(;'∀')

なので、足にぴたっとあった歩きやすい靴を探すことが大事なのですね。

 

歩きやすい靴 = 楽ちん柔らかい靴

ではありません!!

 

足をしっかりと守り、足にまとわりつくような靴。

その選び方を知りたい方はこちら

 

そして、リ・ソールのリピーター様に向けて、初イベントの講座を2月8日に開催します。

大変お得な内容です。どうぞ、日程を空けておいてくださいね。