外反母趾の骨が当たって痛い靴

お問い合わせはこちら

ブログ

外反母趾の骨が当たって痛い靴

2020/01/17

サロンコースで通っていただいてるお客様の靴調整です。

靴同行ショッピングで買ったローファー23.5cmは、足にぴったりとフィットしているので、とても歩きやすいんです。

ただ、ぴったりすると色々と問題も起こります。

こちらのお客様のケースは、右足のみ靴ずれ、左足のみ外反母趾の骨が当たって痛くなる、という二点の問題が起こりました。

 

ご来店されるなり、

「ここが当たって痛くなるんです。やっぱり24cmの方がよかったんでしょうか」

 

お気持ちわかります。

 

単純に考えれば、当たって痛いならサイズをあげれば解決するんじゃないかな、と。

 

もしかしたら、それを勧める靴屋さんもいるかもしれません。

 

でも、でも、でもね。久美さんはそれは勧めません。

 

なんで???

 

それはですね。このケースは靴のサイズをあげても解決することではないからです。

 

もちろん、一瞬は足当たりがよくなり、快適になります。

 

でも、フィット感がない靴は、足がその中で泳いでしまって、良い状態とは言い難いです。

23.5cmでも、足指の前に5mm~1cmほど余裕(捨て寸)がしっかりあればサイズを上げる必要はありません。

 

このサイズで、問題がおこっているところのみ、対処をします。

 

そこで、登場するのが、じゃじゃーーーん

 

こちらのストレッチャーです。

 

痛い部分のみ、皮を伸ばしてスペースを作ります ^^

痛い箇所をポイントでお伸ばしして、履いて歩いていただくと、、

 

「あ、全然違います!!これで履いて帰れます ^^」

 

良かったです♪

 

そして、靴ずれの右足には、かかとに貼るお勧めタイプのパーツをペタリ。

 

かかとに貼るタイプは色々ありますが、あまり効かないものが多く(;'∀')

たくさんのお客様の靴調整で、たどりついたパーツです。

 

靴が痛い だったらサイズを上げるか、、、

 

の方程式はもうやめましょう。

 

大きな靴の弊害をしると、もうそれを選ぶことはなくなります。

 

ポイントは足指のスペースがしっかりあるかどうか。

それが確保されていたら、いつも履いているサイズより下がっても問題なし!!

 

だって、メーカーによっても靴の種類によっても、サイズ感が異なるから。

 

いつも履いてるサイズにこだわらず、足のフィット感を重視しましょね ^^